24時間WEB予約
MENU

クリニックブログ

Blog

補綴物の滅菌

こんにちは歯科技工士の森です。

歯科では様々な器具を使用し、そのほとんどが滅菌処理された物を直前に開封し治療に使用されます。

患者様に入る補綴物(差し歯や銀歯、白い詰め物など)は模型上で作製、調整、研磨をします。補綴物を作製する過程でどうしても素手で触ってしまいますので通常は超音波洗浄を行い患者様のお口に入るのですがどうしても細菌までは取り除けません。

以前から行ってきたことではあるのですが博多こおり歯科では院内にて作製された補綴物を患者様一人一人小分けし最終的に滅菌にかけ、お口に入る直前に開封しております。

やはりこういう時期でもありますし、患者様にとっては治療が終わり最後に入る補綴物が清潔でキレイな物でなければなりません。

どの病院も感染対策や日々の清掃を行い院内清潔を保ち患者様、スタッフを守るため日々頑張っておられると思います。これからも細かいところにきを配れる病院を目指していきます。

※写真は滅菌前のものです。

カテゴリー

最近の投稿