お問い合わせ
MENU

クリニックブログ

Blog

インプラント周囲組織検査

当院でのインプラントのメンテナンスでは、まず、現状を把握するためにいろいろな検査、チェックから始まります。

歯周ポケットの深さ、排膿出血の有無、動揺、プラークコントロール、噛み合わせ、必要があればレントゲン撮影など、さまざまな項目の確認をして、インプラント周囲炎になっていないかを見極めていきます。

またインプラント周囲炎になっていた場合は、「CIST」というシステムで周囲炎の程度によって分類し、患者様ひとりひとりに合わせた処置を施しております。

検査結果は毎回記録をして、変動がないか確認できるようにしています。

 

インプラント周囲炎は初期の段階では症状がほとんどなく、患者様自身で気づくことが難しいです。そのため、定期的なメンテナンスを受けていただき、現状を把握しておくことが大事となります。

カテゴリー

最近の投稿