お問い合わせ
MENU

クリニックブログ

Blog

インプラント手術における清潔操作

こんにちは、歯科医師の高尾です。

今回はインプラント手術時における清潔操作の重要性についてお話ししたいと思います。

口腔内には様々な常在菌や病原菌が多数存在しています。インプラント手術では、無菌でない口腔内において、異物であるインプラントを口腔粘膜を貫き顎骨内に埋め込みます。その際、術後に感染を起こすことなくオッセオインテグレーション(インプラントと骨が結合すること)を獲得するためには、手術時の清潔操作が不可欠です。主な理由として、インプラントのような人工物は治癒機転が働かないため、いったん感染を起こすと、感染からの脱却が難しいからです。この点、一般歯科治療や抜歯、歯周外科とは別の次元の注意が必要になります。

当院では、使用する手術器具の滅菌や滅菌グローブ、滅菌ガウンの着用はもちろん、術者と助手が触れるものは全て滅菌されたものを使用し、清潔域と不潔域の区別、清潔操作を徹底しています。

治療を受けられる方からは、少し物々しく見えるかもしれませんが(^^;)、インプラント手術において、とても大切なことであることを理解して頂けますと幸いです。

カテゴリー

最近の投稿