24時間WEB予約
MENU

クリニックブログ

Blog

インプラント治療の期間について

当院へ通院中の患者のみなさま、

新年あけましておめでとうございます。

今年も治療に尽力して参りますので、

今後とも博多こおり歯科をよろしくお願い申し上げます。

 

さて、本日のブログ担当は歯科医師の三輪です(^^)

テーマは「インプラントの治療に要する期間」についてです。

インプラント治療は、もともと歯が欠損している患者様以外はまず悪い歯の抜歯から

スタートします。

そして、抜歯後歯がない状態で約3ヶ月お過ごしいただきます。

その後、CT写真を取り、インプラントが可能な場合、インプラントの手術に入ります。

これは、人工の歯根を埋入する手術で、その後骨とくっつくまで、

上あごで4〜6ヶ月、下あごで2〜3ヶ月要します。

その後、必要な患者様は2手術(インプラントの頭出しの手術)を行い、

インプラントが咬めるように仮歯を作ります。

そして仮歯で約1ヶ月使っていただき、本歯の作製に入ります。

よって、インプラント治療は、順調に行けば、

上顎あごの場合8〜10ヶ月、下あごの場合6〜7ヶ月程度かかることとなります。

 

実際の治療期間は患者様によって異なりますので、

興味のある方(当院の患者様も)は当院スタッフへご相談ください(^^)

カテゴリー

最近の投稿