24時間WEB予約
MENU

クリニックブログ

Blog

治療計画

こちらはインプラント歯周炎に罹患し、残念ながらインプラントの撤去、そして再埋入を考えている患者さんの画像です。

骨吸収が大きく、そのまま埋入することは難しい症例です。同じ所に骨増生を行い埋入するか、もしくは骨増生が必要ないもっと奥に埋入するかの治療計画です。(手前のご自身の歯も抜歯→インプラント埋入予定)

 

もっと奥に埋入するという事は、単純に、今まであったところより奥までブラシを届かせないといけません。それもインプラントという特殊な構造の補綴物の清掃管理ができるのかは、これまで衛生士がその方のメンテナンスをしてきたからこそ、把握できてる部分かと思います!

メリット・デメリット、患者さんの清掃状態なども報告した上でドクターと衛生士が様々な意見交換を行います。選択した治療によっては、もちろん期間・費用なども変わってきます。

 

インプラント治療において、メンテナンスが重要です。という事は度々お伝えしてきましたが、メンテナンス自体は患者さんと衛生士だけの関わりと思われがちですが、ドクターと衛生士。との関係も非常に重要になってきます。

患者さんにとってよりよい治療を提供できるよう、担当医師と担当衛生士、そして技工士、一丸となって患者さんの治療計画の立案にあたっております。

カテゴリー

最近の投稿