お問い合わせ
MENU

クリニックブログ

Blog

インプラントと全身疾患

  インプラントができない場合があるの? そう疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。   基本的には脳疾患、心疾患、糖尿病など全身疾患のある方、あるいは妊娠中の場合は出血が止まりにくかったり、感染しやすかったりと言った理由からインプラント処置自体できない場合があります。   こう言った場合はかかりつけの内科医に相談し、確認をとって大丈夫とのことだったら治療が可能にな...

ストローマン

インプラントは世界中で100種類以上存在しており、さまざまなメーカー様より商品が出されています。   数ある中でも、当院では主にスイス発祥の『ストローマン』を採用しております! 生体親和性に優れているチタン製でできており、優れた表面性状をもっています。そのため、骨との結合が比較的早く、また強固に結合するようになっております。 その優れた性能で世界的にみてもNo.1のシェアを誇っているそ...

インプラント治療は以前より特別な治療でなくなった今、「歯を失ったらインプラントを入れればいい。」と安易に考える患者さんが増えているそうです。 インプラントは歯周病にならない。と思っていらっしゃる方が非常に多いのが現状です。   インプラント周囲組織は感染に弱く、骨欠損が生じた場合の治療は困難な事もあります。   定期的にメンテナンスを行う事で、小さな変化にも気づき、そして対応す...

インプラントは痛い??

インプラントを提案すると、、、   怖い、痛そう、というお言葉を良くいただきます。 確かに痛くないですとは言えませんが、、、   “他の歯周外科処置に比べたら痛みの少ない処置”と言われています^_^ 歯周外科というと、歯ぐきを開いて歯石をとるフラップ手術のケースが多いと思います。 インプラント=顎の骨に穴を開ける と聞くと、イメージだけで怖いですが、...

インプラント手術における清潔操作

こんにちは、歯科医師の高尾です。 今回はインプラント手術時における清潔操作の重要性についてお話ししたいと思います。 口腔内には様々な常在菌や病原菌が多数存在しています。インプラント手術では、無菌でない口腔内において、異物であるインプラントを口腔粘膜を貫き顎骨内に埋め込みます。その際、術後に感染を起こすことなくオッセオインテグレーション(インプラントと骨が結合すること)を獲得するためには、手術時の清...

インプラント治療の期間について

当院へ通院中の患者のみなさま、 新年あけましておめでとうございます。 今年も治療に尽力して参りますので、 今後とも博多こおり歯科をよろしくお願い申し上げます。   さて、本日のブログ担当は歯科医師の三輪です(^^) テーマは「インプラントの治療に要する期間」についてです。 インプラント治療は、もともと歯が欠損している患者様以外はまず悪い歯の抜歯から スタートします。 そして、抜歯後歯がな...

デジタル技術を用いた安全なインプラント治療

院長の郡と申します。 私がインプラントを始めた15年前はデジタル技術などなく、見にくい画像所見から、術者のテクニック任せでインプラントを行う時代でした。もちろん術者のテクニックは大事で今でもそれは活かされています。 しかし、現在はデジタル技術が進歩してきており、インプラント治療にも不可欠となってきました。 このように、歯がないところの3Dのデータとレントゲンのデータを重ね合わせて、歯がないところ...

仮歯

こんにちは歯科技工士の森です。 今回はインプラント埋入後最終的に人工の歯が入るまでに入れておく仮歯についてお話しします。 仮歯の種類にはテンポラリークラウン(tec)やプロビジョナルレストレーション(プロビ)と言い、tecはtemporary “暫間的な”と言う意味があり、プロビはpro “前の” vision”視覚的観察”と...

寿命

抜けた歯を補う治療法としてはインプラントの他に、 ブリッジや入れ歯が代表的ですが、 ブリッジでは8年程度、 入れ歯は5年程度が平均寿命と言われています。 インプラントの場合は、インプラント治療を施し10年を経過した後の、 平均的な残存率は9割を超えています。 適切なメンテナンスを怠らなければ、 10年以上使用することができるものです。 そこでインプラントの寿命を最大限に延ばす方法は 歯周病を...

インプラントのメリット

歯が失われると、、、 今までのように噛めなくなり、食事が楽しくない、表情が老けて見える、肩こりが起こりやすくなる、などたくさんの影響を及ぼします。 そのような時に活躍するのがインプラントです!   今日は [ インプラントのメリット ]についてお話しします。 ・入れ歯と比べてみるとインプラントは骨が痩せ細          りにくくしっかり噛むことができる ・ご自身の顎の骨に埋入されてい...
1 2

カテゴリー

最近の投稿