24時間WEB予約
MENU

インプラント症例

Implant Cases

インプラント症例

症例1

こちらの症例は右下の奥から3番目の歯にバイ菌が入り、保存困難で抜歯をしました。抜歯後は骨の回復を待ってインプラントで回復させて頂きました。バイ菌で溶けてしまった骨が回復し、インプラントがしっかりと骨で支えられています。最終定期にはセラミック製の歯で回復しました。治療後は特に問題なく良好に機能しております。

  • ばい菌が入り、腫れています
    ばい菌が入り、腫れています
  • 大きな根の病気があります
    大きな根の病気があります
  • 抜歯をしました
    抜歯をしました
  • インプラント施術例
    骨が治った後にインプラントで治しました。
    インプラント施術例
    インプラント(側面観)
    インプラント施術例
    インプラント(咬合面観)
治療期間
約1年
治療費
約40万円
リスク
  • 根の病気の摘出後、誰もが本症例のように骨が治るわけではなく、骨の治りが悪い場合はインプラントができない場合もあります。
  • チタンアレルギーの方は適応外です。
  • 治療後はインプラントを長持ちさせるために、セルフケアと定期的なメインテナンスが必要です。(インプラントのメインテナンスは自費となります。)

症例2

こちらの症例は、左上の奥から3番目の歯が折れてバイ菌が入り、抜歯に至った症例です。抜歯後骨の回復を3ヶ月待ち、骨がしっかり回復してからインプラントをさせて頂きました。(左上の一番奥歯にはすでにインプラントが入っており、良好に機能しています)
最終的には金属とプラスチックを使用した歯で回復させて頂き治療が終了しております。現在、奥歯の2本のインプラントは良好に機能しております。

  • この歯の根っこが折れました。根が折れると、歯は歯周病になりウミが出ます。
    この歯の根っこが折れました。根が折れると、歯は歯周病になりウミが出ます。
  • 歯を抜いた後のレントゲンです。この状態で骨の治りを待ちます。
    歯を抜いた後のレントゲンです。この状態で骨の治りを待ちます。
  • 根っこが折れた歯を抜歯後、歯ぐきが治った状態です。
    根っこが折れた歯を抜歯後、歯ぐきが治った状態です。
  • インプラントが歯ぐきに入った状態です。ここのプラットフォームにネジで歯を装着します
    インプラントが歯ぐきに入った状態です。ここのプラットフォームにネジで歯を装着します
    インプラント周囲の歯肉がキレイに治るためのキャップがついた状態です
    インプラント周囲の歯肉がキレイに治るためのキャップがついた状態です
  • インプラントが入った状態のレントゲン写真です。
    インプラントが入った状態のレントゲン写真です。
    インプラントの歯(咬合面観)強さを重視して一部メタルで作成しております。
    インプラントの歯(咬合面観)強さを重視して一部メタルで作成しております。
    インプラントの歯(側面観)
    インプラントの歯(側面観)
治療期間
約9ヶ月
治療費
約38万円
リスク
  • チタンアレルギーの方は禁忌です。
  • インプラントを行うには口腔内の清掃管理あ歯肉痛の管理がなされている必要があります。
  • 必ずしも長持ちするとは限りません。適切なメインテナンスが必要です。